重要文化財奥家住宅

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

奥家住宅の写真

南中樫井の熊野街道沿いに建てられた、1600年ごろ(慶長・元和のころ)のものとされる住宅。時代の移り変りとともに数度の改・増築が行われていますが、はじめは4室が田の字に並び、奥の2室が大きくて食い違いになって土間につきだし、これにもう2室が加わった6室の建物だったと推定されています。「食い違い」の4室を主体とした泉州地方の農家住宅としてはもっとも古いものです。母屋(奥座敷を除く)のほか、長屋門・土蔵・土塀が重要文化財に指定されています。

地図情報