春日神社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

春日神社01

 豊臣秀吉の根来攻めの時に一旦消失してしまいましたが、その後再建され、佐野の総社とされました。

明治5年村社となり、明治41年~42年の神社合祀の際には、佐野町域にあった大小29の神社がここに合祀されました。

境内地内には、江戸時代の豪商食野家・唐金家が寄進した燈籠があります。

また、夏祭りでは、勇壮な太鼓台が宮入することも呼び物のひとつです。

画像ギャラリー

地図情報