奥家住宅(重要文化財)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

奥家

写真は熊野街道沿いの奥家住宅 表門
(重要文化財)

 南中樫井の熊野街道沿いに建てられた江戸時代(1600年初め頃)の豪農の館です。奥氏は南北朝時代(1300年代)には樫井城の城主にも命じられ、また、江戸時代以降は樫井村の庄屋をつとめました。
 主屋は広い土間と、建築当初の泉州地域の建築様式の特徴でもある四間取り(「食い違い四間取り」)古い建物で、後から三間続きの奥座敷が増築された大きなお屋敷です。
 主屋、長屋門(表門)、二棟の土蔵、土塀などすべての建物と敷地が重要文化財に指定されています。

 

※食い違い四間取り
 田の字型にクチノマ、ザシキ、ダイドコ、ナンドの4つの部屋があり、部屋の間仕切り柱をずらして建てる建築手法。

画像ギャラリー

地図情報